JBCF西日本クラシック

7/1 広島でJBCF西日本クラシックが行われ参加してきました
■西日本クラシックロード広島 (61.5km:12.5km×5周)
リザルト:58位 1:41’32” Ave.36.34km/h
見せ場もなく終了しましたが、備忘録として記録。
◯前日
ウィークデイは3日間出張なので、1日ローラーしただけ。不安感もあり、朝練で刺激を入れるつもりが痛恨の寝坊。仕方なく10時頃から単独外練。60km程乗りました。登りは少し上げ気味な感じで、全体的には流して終了。
◯当日移動
・4時前に自宅出発で20分程でYB邸へ
・YB邸からキャプテン宅へは新御堂⇒府道2号線で40分程
・吹田ICから乗って3時間程で現地へ
・駐車場は下のエリアへ停めました。数台分の空きスペースがありタープも張れました
◯レース
アップはいつも通り、15分流した後、ハイケイデンス5本+L4〜L5 3分で刺激
会場入りした時に降っていた雨はあがったが路面コンディションは完全にウェット。再度雨が降る事も考えてサングラスなしでスタートラインにつく。
スタートして下りでグリップ感がつかめず確認しながら下っていたら順位をかなり下げてしまった。
3段坂で前へ行けばイイやと適当にやり過ごす。実際に3段坂を迎え前方へ順位を上げて行くが中々先頭まで追いつけない。チョットヤバイなと思った時には既に遅く、ピークで先頭集団のお尻にギリギリドッキング出来ず。詰められそうで詰められない感じで下り、1周目終了。
実質、ここでレースは終了になるが、気持ちは切れない。完走はせなあかんし、チームメイトは先頭集団で戦っている。暫くするとコミちゃんが降ってきた。チーム員を見ると俄然ヤル気が出る。声を掛けてそこからブリな人と確か岡山な方の4人でローテ。
ここからは完全に練習状態。脚の状態関係なしにゴールまでギリギリ持つ感じで出来る限り前をひく、コミちゃんもそれに応えるかのように自ら前へ出る。
3周目の下りで岡山な方が落車で3人になる。3段坂でブリな方が少し離れた。2人だけになってコミちゃんが『どうします?』と…レースは終わってるので理解出来ず『一定ペースで』と全く噛み合わない会話を交わし淡々とw
4周目途中で後ろからアタック気味に追い上げてくる人あり。代わりに先頭集団から力尽きる選手もチラホラ。その中にYU君もいて、抜く時に付いてきて欲しくて『付けるか?』と声を掛ける、かなりへばってるように見えたので無理かと思いきや付いて来た。流石だ。
この時は気付かなかったが後ろには集団が迫ってきていたのだろう。後ろの大集団から見れば私達は逃げている状態から吸収された感じやったんやろか。桃色兄ヤンが言っていたが、先頭集団とそれ以外は完全に違うカテゴリのレースだったそうな。
最終周回は集団状態になるが構わずローテを回す。流石にキツくなってて、最後の3段坂なんかはどわーっと抜かれ、何だかな〜と言う感じで登る。
何とか千切れずに登るがココまでの同士のコミちゃんがおらん。(泣)
最終コーナーで踏める脚もなく完全に出し切って集団最後尾でゴール。もう一人の同士ブリな方も同じ状況なのか一つ前でゴール。32位〜58位が最終コーナーでの集団。
振り返ってみて、1周目の先頭集団に付けるか付けないか微妙な感じの所がポイントやった。あそこで付ける実力がなかっただけ、あそこで集団に付ける脚を身に付けよう。1周目が耐えれれば、ソコソコ行ける感じはあるんよね。
順位は悪かったが、出し切ったので、スッキリのレース
次は乗鞍スカイライン。本格派ヒルクライムは一年以上ぶり
体力測定して来ます。
E2に元気のあるチームメンバーがいるので、追いつかれやしないかチョイ心配。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。