ツールド沖縄2015 (レース当日: 後編)

今年も先頭集団で2回目の普久川ダムを登る。最初の緩斜面はハイスピードで進むが、付いていけないペースではない。昨年までの崩落地点が整備されていたのでスムーズに進んだと思う。

1回目の普久川、奥と登ってきて脚が削られていたのだろうか、中盤の斜度がキツくなる区間で遅れ始める。アキラも苦しそうだが僕よりも僅かに速いペースで僕を抜いていく。だいぞーは見当たらない。その後、斜度が緩いほぼ平坦区間で先頭集団から完全に千切れた。曖昧な記憶だが昨年とほぼ同じ位置じゃないだろうか。

暫くすると後ろから3名程に抜かれる。ギリギリ付けるペースやったので一緒に登る。ゼッケン番号が若い人が1人いて長めに引いていました。僕は瀕死の状態。ピーク手前でペースが上がり少し離れて単独で下る。

下った補給所ではボトル二本交換。高江の登りに備えるも両脚が痙攣。今年は特に脹脛が攣った。間違いなくクリート位置変更の影響だな。レース後、少し見直そうとか思いながら高江を単独で登る。

暫く単独で走っていると、エボ君含む4名がやってきた。かなりスピード差があって、痙攣してるし一瞬見送ろかとも思ったが、この後の集団もいつ来るか分からんし何とか引っ付く。

脚の痙攣が酷くて、最初は集団内でお荷物状態。何度かローテ飛ばすし、登りでは置いていかれ気味。黒ジャージの方に何か言われるがどうにもならんかった。

一回、両脚痙攣で前と離れた時、エボ君が下がって来て、後ろに付けと言わんばかりのサポート。後で何言われるか分からんから振り絞って付いたら集団復帰させてくれた。ありがとう!

そんなこんなで、延々と続くローテ。こっちも多少は回復したのでちゃんと回す。533のなるしまさんが強くてペースの上げ下げをする。その選手が前に出る時は辛かった…

慶佐次のエイド手前か。アキラが単独で降ってくる。自分もいっぱいいっぱいの状態のくせに『アキラ付け!』とか言ってみる。知り合いには強がってしまいますね。結局付けなかった様です。

180km過ぎ位か。登りで遂にこの5名集団から置いていかれる。確か517の選手やったかなぁ。同じタイミングで切れる。一緒に行ければ良かったが付いて行けない。痙攣が酷くてどうにもならない状態。平坦では35km/hも出せない。

最後の勝負所の羽地ダムにやって来て、やっと終わると思うと少し元気になる。517の選手が前に見える。トンネル手前で追いつくと後ろから安曇野の中井さんが良い勢いで抜いて行く。思わず『中井さん!』と声を掛ける。本人は声援の様に感じて頂いた様ですが、実は『中井さん待って〜』と言いたかった事は知る由も無いだろう、はは(^^)

トンネルを右折すると何と何と大集団がやって来た。わちゃ〜…そういう展開⁈この中にアキラもちゃっかりおるし、毎年、声を掛けて貰ってる中屋さんもいる。当然この集団に入ってピークをクリアして下る。

下って国道手前で中井さんにも追いつく、集団は落ち着かない状態で国道を走る。皆んな積極的に前を引かない感じ。積極的に飛び出す人は僕よりも前でゴールしてるので今思えば勿体無かったか。その時の心境としてはエボ君集団から千切れた瞬間からレースを終了させてた気がする。気持ちを切らさないのが僕の持ち味なのに…来年は気を付けよう

最後は集団内でプチスプリントして51位。決して満足はしてないけど出し切った感はある。ゴール後に中井さんに声を掛けると同い年の僕が走ってるから自信も頑張れるんだと言う。嬉しかったし僕も同じ気持ちだ。同年代の強いサイクリストは沢山いて中井さんもその一人と思ってた。

その後、SWEEPの中屋さんとも沖縄完走を称え合う。僕が初参加の4年前にスタート位置が隣だった事がキッカケで知り合い、それから年に一度沖縄で話す関係です。不思議な関係ですが沖縄の魅力の一つですかねこれも。

こうして、今年の沖縄が終わった。

レース後のパーティで土井選手とパチリ。自分はミーハーだなと思う(^^)快くリクエストに応えて下さった土井選手に感謝です。

  

2 thoughts on “ツールド沖縄2015 (レース当日: 後編)

  1. サルバトーレ中井

    沖縄たのしみましたね!!
    ありがとうございます。

    同じ歳で頑張ってるレーサーって仲間意識もあるし、負けられないライバルでもあるし意識してますよ(笑)
    そういうレーサーのオカゲで頑張れますし、自分から先に降りられないですね)^o^(

    もう暫く、おたがいに頑張りましょう!!

    Reply
    1. admin Post author

      中井さん、コメントありがとう御座います。いやぁ、来年も楽しみだ。お互いもう暫くあがきましょ(^^)

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。